2018.12.1 (SAT) otonoha 17th anniversary
Adv:¥2,000 with 1drink DEEP HOUSE / ELECTRONICA / MINIMAL 2F
440 x dqk2xqau0aa xlo
2018.12.1 (SAT) 2018-12-01 22:00~
otonoha 17th anniversary
DEEP HOUSE / ELECTRONICA / MINIMAL

■Guest Live: Vegpher (PROGRESSIVE FOrM), 城一裕
■Guest DJ: DJ KENROU (HIGHBRID/backyard), Miyazaki (mithril)
■Live: OKUMITAE (T.B. & Hiroyuki Mori & Cycaq)
■DJ: T.B. & Hiroyuki Mori
■Shop: 梦屋飯店, WALK WITH PARTNER

 

★24:00までの入場で¥1,500 with 1drink!!

Adv:¥2,000 with 1drink
Kieth Flack 2F
開場: 22:00
開演: 22:00

ABOUT 2018.12.1 EVENT

Vegpher


FilFla、FourColorなどでも活動するサウンドアーティスト/コンポーザー杉本佳一によるハイブリッドなビートミュージックプロジェクト「Vegpher」。リズムのインパクトと快楽的な低音のシークエンスに主眼を置いた空間的でバウンシーなダンスミュージックを志向する。デビューアルバム『Play』ではマスタリングエンジニアにヨーロッパテクノ界の要人Mokiraことアンドレアス・ティリアンダーを起用。また、MV制作においてはモーショングラフィック界のカリスマtakcomを迎えるなどラジカルなコラボレーションを実現している。そして2ndアルバム『PLUS』を PROGRESSIVE FOrMよりリリース。杉本の作品はそれぞれのサウンドプロジェクトにおいて、ニューヨークの「12k」、「apestaartje」、ドイツ「TOM LAB」、日本の「HEADZ」など国内外の音楽レーベルから多数リリースされており、なかでもFourColorとしての作品「watter mirror」が英『THE WIRE』誌ベスト・エレクトロニカ・アルバムに選出されるなど、海外での評価は非常に高い。これまでにヨーロッパ各国をはじめアジア、オーストラリア、北米・カナダでライブパフォーマンスを行うなどグローバルな活動を続けている。また、数多くの映画/映像、演劇、エキシビジョンへの楽曲提供・制作、CM/web/企業VPのような広告音楽を手掛ける中、2004年カンヌ映画祭では宮崎淳監督による「FRONTIER」が監督週間おいて「若い視点賞」、2006年フランス・エクスアンプロヴァンス映画祭ではドイツ人監督TimoKatzによる「Whirr」が「オリジナル映画音楽部門賞」を受賞するなど実績も残している。


ウェブサイト:http://www.vegpher.com/ http://frolicfon.com/
MV:http://vimeo.com/42875583
楽曲試聴:https://soundcloud.com/progressive-form/sets/vegpher-plus-pfcd38
ライブ映像:http://vimeo.com/49992135
PROGRESSIVE FOrM:http://www.progressiveform.com/