TONIGHT 2F

TWEAKFREAKS-ミミレミミ "Vinyl Countdown EP" Release sp-

21:00~    ¥800 (1drink order)

TONIGHT 2F

TWEAKFREAKS-ミミレミミ "Vinyl Countdown EP" Release sp-

21:00~    ¥800 (1drink order)



■Band: ミミレミミ, Tinted DickMen
■Guest: OOKUBO-T, YUTAKA (imomushi records)
■DJ: MIYAZAKI (youth), TOSHIHELL (the PRACTICE)
■Food: TAKOHELL

TONIGHT 1F

"MOTHER FUCKER" 上映会

19:00~    ¥1,500 (1drink order)

TONIGHT 1F

"MOTHER FUCKER" 上映会

19:00~    ¥1,500 (1drink order)


★ご予約★


■上映日 ■上映時間 ■お名前 ■人数 を記載して以下のアドレスまでお願い致します。


information@kiethflack.net


 


なぜ集うのか? 彼らはそこを選び今夜も地下で激しい音と笑顔をぶつけ合う——


Less Than TVって何なんだよっ!?<最低>だから<最高>すぎる! 面白い事だけを追求して25年。


あなたはご存じだろうか? 知ってる人は知っている。知らない人はもちろん知らない。名前は知っているけど何をやっているのか良く分からない、そして、虜になった人もその魅力を説明できない……。25年の間、ある意味で正体不明、謎の音楽レーベルであり続ける集団がいる。1992年、とにかく面白い事を探していた北海道出身でGOD’S GUTSの“ 谷ぐち順”を代表にU.G MANのUG KAWANAMI、DMBQの増子真二を中心とした仲間たちがノリと勢いと情熱でアメリカのBLACK FLAGのレーベルSSTやShimmy Discなどに憧れ立ち上げた世界的にみても奇妙奇天烈な音楽レーベル、それが“Less Than TV”だ。パンク、ハードコアを基本としつつも彼らの感性の下、あらゆるタイプのアーティストが紹介されてきた。 bloodthirsty butchers、ギターウルフ、DMBQ、BEYONDS、ロマンポルシェ。……等。“Less Than TV”が音源をリリースしてきた一癖も二癖もあるバンドたちは異彩を放ち、その後メジャーデビューしたものも少なくない。しかしレーベル自体は今もなおアンダーグラウンドを暴走し続けている。気をぬいたら負け、ぶちかませ!!!


Less Than TVには誰でも参加することが出来る。ジャンルの縛りや年齢制限、上下関係、酒の強要、打ち上げの参加義務と言った古き良きロックにありがちなしがらみは一切ない。そして、ステージ上のミュージシャンは極めて偉大では無い。そのかわり、ステージの上で遠慮は無いし、一切の妥協も許されない、〈気をぬいたら負け、ぶちかませ!!!〉才能が無くても、技術が無くても本気で面白いことを追求してさえいれば誰だって主役になれる。だからこそ、そこに集い“Less Than TV”の空間を作るオーディエンスこそが偉大な表現者なのかもしれない。そんなイベントはいつでも花見や夏祭りの様に笑顔で溢れている。一体どうしてこの様な集団が生まれたのか? その答えを探ろうにも、あろう事か商売っ気すらも持ち合わせていない代表である谷ぐち順がもっともその祭りを謳歌しているのであった……。カメラは“Less Than TV”と共鳴してドキュメンタリー映画を崩壊させる。魅了されてしまった映像作家、大石規湖映画監督デビュー!そして、8歳の少年もハードコアデビュー!


本作『MOTHER FUCKER』が劇場用長編映画初監督となる大石規湖は学生時代にLess Than TVからリリースされたbloodthirsty butchersとfOULのスプリット盤LPに出会い瞬く間にレーベルの虜となった。その後フリーの映像作家としてSPACE SHOWER TVやVICE japanなどで音楽番組に携わり、国内外問わず様々なアーティストのライヴ映像やMVを制作してきたが、長い歳月を経て自らが最も魅せられたレーベルの映画で監督デビューを果たすこととなった。


現在ではフォークシンガー“FUCKER”へと華麗なる転身を果たし、部屋着感の増した谷ぐち順、その妻でありバンドマンであるYUKARI、一人息子共鳴(ともなり)、地道なレーベル運営、子育てと音楽活動、谷ぐちの日常である障がい者の介助、そこに集う多くの仲間たち、そして開催されるライヴイベントの数々……


Less Than TVを多くの人に知ってほしい」という監督のこれ以上ない純粋な想いは、北海道から九州まで1年間にわたる密着取材でレーベルのと魅力を綴りながら、<被写体とカメラの一定の距離感>というドキュメンタリー映画の一種の概念を崩壊させ、突き抜けんばかりの勢いで被写体と同化し、カメラは内から外へ、外から内へモッシュピットを回遊するようにLess Than TVそのものへとなっていく。


そして、そんな監督の熱い想いや、今夜も熾烈を極める夫婦バトルを尻目にどこにでもいる8歳の少年、息子共鳴(ともなり)は学割をフル活用して人生初のハードコアバンドチーターズマニアを結成し自らも真のLess Than TVへとチャレンジをするのだった! 一体、“Less Than TV”とは!?


★1回目 開場18:30 / 開映 19:00
★2回目 開場 21:00 / 開映 21:30

NEXT RECOMMENDED EVENT: 2017.12.13

"MOTHER FUCKER" 上映会

19:00~    ¥1,500 (1drink order)

RECOMMENDED EVENT: 2017.12.13

"MOTHER FUCKER" 上映会

19:00~    ¥1,500 (1drink order)


★ご予約★


■上映日 ■上映時間 ■お名前 ■人数 を記載して以下のアドレスまでお願い致します。


information@kiethflack.net


 


なぜ集うのか? 彼らはそこを選び今夜も地下で激しい音と笑顔をぶつけ合う——


Less Than TVって何なんだよっ!?<最低>だから<最高>すぎる! 面白い事だけを追求して25年。


あなたはご存じだろうか? 知ってる人は知っている。知らない人はもちろん知らない。名前は知っているけど何をやっているのか良く分からない、そして、虜になった人もその魅力を説明できない……。25年の間、ある意味で正体不明、謎の音楽レーベルであり続ける集団がいる。1992年、とにかく面白い事を探していた北海道出身でGOD’S GUTSの“ 谷ぐち順”を代表にU.G MANのUG KAWANAMI、DMBQの増子真二を中心とした仲間たちがノリと勢いと情熱でアメリカのBLACK FLAGのレーベルSSTやShimmy Discなどに憧れ立ち上げた世界的にみても奇妙奇天烈な音楽レーベル、それが“Less Than TV”だ。パンク、ハードコアを基本としつつも彼らの感性の下、あらゆるタイプのアーティストが紹介されてきた。 bloodthirsty butchers、ギターウルフ、DMBQ、BEYONDS、ロマンポルシェ。……等。“Less Than TV”が音源をリリースしてきた一癖も二癖もあるバンドたちは異彩を放ち、その後メジャーデビューしたものも少なくない。しかしレーベル自体は今もなおアンダーグラウンドを暴走し続けている。気をぬいたら負け、ぶちかませ!!!


Less Than TVには誰でも参加することが出来る。ジャンルの縛りや年齢制限、上下関係、酒の強要、打ち上げの参加義務と言った古き良きロックにありがちなしがらみは一切ない。そして、ステージ上のミュージシャンは極めて偉大では無い。そのかわり、ステージの上で遠慮は無いし、一切の妥協も許されない、〈気をぬいたら負け、ぶちかませ!!!〉才能が無くても、技術が無くても本気で面白いことを追求してさえいれば誰だって主役になれる。だからこそ、そこに集い“Less Than TV”の空間を作るオーディエンスこそが偉大な表現者なのかもしれない。そんなイベントはいつでも花見や夏祭りの様に笑顔で溢れている。一体どうしてこの様な集団が生まれたのか? その答えを探ろうにも、あろう事か商売っ気すらも持ち合わせていない代表である谷ぐち順がもっともその祭りを謳歌しているのであった……。カメラは“Less Than TV”と共鳴してドキュメンタリー映画を崩壊させる。魅了されてしまった映像作家、大石規湖映画監督デビュー!そして、8歳の少年もハードコアデビュー!


本作『MOTHER FUCKER』が劇場用長編映画初監督となる大石規湖は学生時代にLess Than TVからリリースされたbloodthirsty butchersとfOULのスプリット盤LPに出会い瞬く間にレーベルの虜となった。その後フリーの映像作家としてSPACE SHOWER TVやVICE japanなどで音楽番組に携わり、国内外問わず様々なアーティストのライヴ映像やMVを制作してきたが、長い歳月を経て自らが最も魅せられたレーベルの映画で監督デビューを果たすこととなった。


現在ではフォークシンガー“FUCKER”へと華麗なる転身を果たし、“部屋着”感の増した谷ぐち順、その妻でありバンドマンであるYUKARI、一人息子共鳴(ともなり)、地道なレーベル運営、子育てと音楽活動、谷ぐちの日常である障がい者の介助、そこに集う多くの仲間たち、そして開催されるライヴイベントの数々……。


Less Than TVを多くの人に知ってほしい」という監督のこれ以上ない純粋な想いは、北海道から九州まで1年間にわたる密着取材でレーベルの“今”と魅力を綴りながら、<被写体とカメラの一定の距離感>というドキュメンタリー映画の一種の概念を崩壊させ、突き抜けんばかりの勢いで被写体と同化し、カメラは内から外へ、外から内へモッシュピットを回遊するようにLess Than TVそのものへとなっていく。


そして、そんな監督の熱い想いや、今夜も熾烈を極める夫婦バトルを尻目にどこにでもいる8歳の少年、息子共鳴(ともなり)は学割をフル活用して人生初のハードコアバンド“チーターズマニア”を結成し自らも真のLess Than TVへとチャレンジをするのだった! 一体、“Less Than TV”とは!?


★1回目 開場18:30 / 開映 19:00
★2回目 開場 21:00 / 開映 21:30


MORE INFO

RECOMMENDED EVENT: 2017.12.13

"MOTHER FUCKER" 上映会

19:00~    ¥1,500 (1drink order)

RECOMMENDED EVENT: 2017.12.13

"MOTHER FUCKER" 上映会

19:00~    ¥1,500 (1drink order)


★ご予約★


■上映日 ■上映時間 ■お名前 ■人数 を記載して以下のアドレスまでお願い致します。


information@kiethflack.net


 


なぜ集うのか? 彼らはそこを選び今夜も地下で激しい音と笑顔をぶつけ合う——


Less Than TVって何なんだよっ!?<最低>だから<最高>すぎる! 面白い事だけを追求して25年。


あなたはご存じだろうか? 知ってる人は知っている。知らない人はもちろん知らない。名前は知っているけど何をやっているのか良く分からない、そして、虜になった人もその魅力を説明できない……。25年の間、ある意味で正体不明、謎の音楽レーベルであり続ける集団がいる。1992年、とにかく面白い事を探していた北海道出身でGOD’S GUTSの“ 谷ぐち順”を代表にU.G MANのUG KAWANAMI、DMBQの増子真二を中心とした仲間たちがノリと勢いと情熱でアメリカのBLACK FLAGのレーベルSSTやShimmy Discなどに憧れ立ち上げた世界的にみても奇妙奇天烈な音楽レーベル、それが“Less Than TV”だ。パンク、ハードコアを基本としつつも彼らの感性の下、あらゆるタイプのアーティストが紹介されてきた。 bloodthirsty butchers、ギターウルフ、DMBQ、BEYONDS、ロマンポルシェ。……等。“Less Than TV”が音源をリリースしてきた一癖も二癖もあるバンドたちは異彩を放ち、その後メジャーデビューしたものも少なくない。しかしレーベル自体は今もなおアンダーグラウンドを暴走し続けている。気をぬいたら負け、ぶちかませ!!!


Less Than TVには誰でも参加することが出来る。ジャンルの縛りや年齢制限、上下関係、酒の強要、打ち上げの参加義務と言った古き良きロックにありがちなしがらみは一切ない。そして、ステージ上のミュージシャンは極めて偉大では無い。そのかわり、ステージの上で遠慮は無いし、一切の妥協も許されない、〈気をぬいたら負け、ぶちかませ!!!〉才能が無くても、技術が無くても本気で面白いことを追求してさえいれば誰だって主役になれる。だからこそ、そこに集い“Less Than TV”の空間を作るオーディエンスこそが偉大な表現者なのかもしれない。そんなイベントはいつでも花見や夏祭りの様に笑顔で溢れている。一体どうしてこの様な集団が生まれたのか? その答えを探ろうにも、あろう事か商売っ気すらも持ち合わせていない代表である谷ぐち順がもっともその祭りを謳歌しているのであった……。カメラは“Less Than TV”と共鳴してドキュメンタリー映画を崩壊させる。魅了されてしまった映像作家、大石規湖映画監督デビュー!そして、8歳の少年もハードコアデビュー!


本作『MOTHER FUCKER』が劇場用長編映画初監督となる大石規湖は学生時代にLess Than TVからリリースされたbloodthirsty butchersとfOULのスプリット盤LPに出会い瞬く間にレーベルの虜となった。その後フリーの映像作家としてSPACE SHOWER TVやVICE japanなどで音楽番組に携わり、国内外問わず様々なアーティストのライヴ映像やMVを制作してきたが、長い歳月を経て自らが最も魅せられたレーベルの映画で監督デビューを果たすこととなった。


現在ではフォークシンガー“FUCKER”へと華麗なる転身を果たし、“部屋着”感の増した谷ぐち順、その妻でありバンドマンであるYUKARI、一人息子共鳴(ともなり)、地道なレーベル運営、子育てと音楽活動、谷ぐちの日常である障がい者の介助、そこに集う多くの仲間たち、そして開催されるライヴイベントの数々……。


Less Than TVを多くの人に知ってほしい」という監督のこれ以上ない純粋な想いは、北海道から九州まで1年間にわたる密着取材でレーベルの“今”と魅力を綴りながら、<被写体とカメラの一定の距離感>というドキュメンタリー映画の一種の概念を崩壊させ、突き抜けんばかりの勢いで被写体と同化し、カメラは内から外へ、外から内へモッシュピットを回遊するようにLess Than TVそのものへとなっていく。


そして、そんな監督の熱い想いや、今夜も熾烈を極める夫婦バトルを尻目にどこにでもいる8歳の少年、息子共鳴(ともなり)は学割をフル活用して人生初のハードコアバンド“チーターズマニア”を結成し自らも真のLess Than TVへとチャレンジをするのだった! 一体、“Less Than TV”とは!?


★1回目 開場18:30 / 開映 19:00
★2回目 開場 21:00 / 開映 21:30


MORE INFO

RECOMMENDED EVENT: 2017.12.15

BACK TO BASIC 9th Anniversary feat. DJ NORI

21:00~05:00    Adv:¥2,000 (1drink order), Day: ¥2,500 (1drink order)

RECOMMENDED EVENT: 2017.12.15

BACK TO BASIC 9th Anniversary feat. DJ NORI

21:00~05:00    Adv:¥2,000 (1drink order), Day: ¥2,500 (1drink order)


■DJ NORI

’86年に渡米、LARRY LEVANと共にプレイする経験を持つ。映画『MAESTRO』では、世界のダンスミュージック・シーンに最も影響を与えたパイオニアとして出演。’06年、初のミックス・アルバム『LOFT MIX』をリリース。’09年、彼のキャリア集大成ともいえる“DJ NORI 30TH ANNIVERSARY”を開催し、前人未到の30時間ロングセットを達成。2013年6月より青山ZEROにて新パーティ<Tree>を始動した。同年、<Salsoul>と<West End>の音源をミックスした『Spirit Of Sunshine – Nori’s West End Mix』を<OCTAVE LAB>よりリリースし海外でも人気のシリーズとなる。また奇才プロデューサー、Maurice Fultonとの交流も深く、モーリス来日時に共同制作した楽曲を収めたEP『We Don’t Know EP』<Running Back / Bubbletease Communications>も国内外で高い評価を得ており、楽曲制作においても活躍。2015年11月25日に、再びミックスCD『Take The N Train -Nori’s Mix-』を<OCTAVE-LAB>よりリリース。DJとしてのキャリア35年以上となる今も、ラジオ出演、ロンドンやNYでの海外公演、さらにレギュラーパーティ<GALLERY><TREE>をいまだ精力的に続けており、音楽のかけ方、音楽そのものの表現方法を知る、世界の至宝と呼ばれる所以となる。

■marina apple

福岡天神親不孝通りを代表するシンガーのひとり。ダンスミュージックやりたいバンド、Mahina

Apple Bandのボーカル。バンド活動と並行し、ソロ活動でのライブはもちろん、県内外で活動するビートメイカー、シンガーとの製作も精力的に行っている。自身が踊ってきたパーティーのDJに選ばれる1曲になるのが夢。スイカが好き。


■Guest DJ: NORI
■DJ: SAITA, SHIMABARA, 3104st, COCOLO, コテカ
■Live: MAHINA APPLE
■Dance Showcase: NAOCHACHACHA & JUNKO, BTB SP DANCE UNIT


MORE INFO


TICKET RESERVATION

RECOMMENDED EVENT: 2017.12.16

LEVELCORE Presents "Secret Blend" Rerease Party

21:00~LATE    Adv:¥1,500 (1drink order), Day: ¥2,000 (1drink order)

RECOMMENDED EVENT: 2017.12.16

LEVELCORE Presents "Secret Blend" Rerease Party

21:00~LATE    Adv:¥1,500 (1drink order), Day: ¥2,000 (1drink order)


10月に1stアルバム「SECRET BLEND」をRELEASEした福岡発のラップグループ LEVEL COREのリリースパーティー!ゲストには福岡が誇るビートメイカーMANTIS/ハイブリッド3ピースバンドHedoro funkが登場!親不孝通りに新たな風を吹かせるバイリンガルラップとビートの掛け合い、何よりフレッシュなLIVEパフォーマンスの虜に。まさにJAMを体現する歓喜の夜に是非お集まり下さい!!


 


■LEVELCORE   


音楽の街・福岡から唯一無二のHIPHOPを奏でる2MC1DJ2016年、福岡と大分を股にかけ、よどみない二言語ラップでフロアを盛り上げてきたBaby t-rexと、クラブのメッカ・親不孝通りでDJ・ビートメーカーとしての地位を不動のものにしていたNylonが邂逅。そこにBaby t-rexの大学での仲間であり、共に音楽活動も行っていたアメリカ人ラッパーdprcocoが合流し、LEVELCOREを結成する。HIPHOPをはじめとする様々なクラブミュージックを知り尽くしたNylonが手がけるトラックは、浮遊感と毒々しさが持ち味ながら、コアなヘッズ以外の耳にも馴染むキャッチーな空気を纏う。中毒性の高いビートの上に乗るのは、日本語と英語を使い分ける2MCのどこまでも自然体なラップだ。Baby t-rexの詩的で核心に迫るライムが心の隙間に入り込み、dprcocoのときに息継ぎを忘れたかのようなリズミカルなフロウが鼓膜で踊る。「陰と陽」「黒と白」「日本と世界」「新しさと懐かしさ」「約束と裏切り」、あらゆる概念を横断するクラシックを、すべてのHIPHOP好きと音楽ファンへ。


 


■MANTIS(3rd STONE)


3rd STONE主宰。福岡天神親不孝通りを根城とする蟷螂。


OY. StreetBest Kept Secret


 


■Hedoro funk 


2016年結成。GuitarSampler[宙葉 aka KEIJI]Bass[SoKaBass]Drum[SEAI]から成る3PEACE Black musicを根底に様々な音楽を吸収し、感覚型ハイブリッドグルーヴと言われる3人の音は破壊と創造を繰り返すUniverse。とか言ってるが唯の音楽妖怪兄弟である。


■Guest DJ:Mantis
■Guest Band: Hedoro Funk
■Rerease Live: LEVELCORE
■MC Live: Space Cowboys
■DJ: Nylon, LIKE, NARISK, REI, YOSUKE
■Beat Live: SHOKI
■VJ: UZUKI


MORE INFO


TICKET RESERVATION

RECOMMENDED EVENT: 2017.12.17

Tripping Out

18:00~    Adv:¥2,800 (1drink order), Day: ¥3,500 (1drink order)

RECOMMENDED EVENT: 2017.12.17

Tripping Out

18:00~    Adv:¥2,800 (1drink order), Day: ¥3,500 (1drink order)


[INFOMATION] ABOUT MUSIC 092-982-8281 。http://aboutmusic.jp/


全国各地をツアーしてきたKONCOSとミツメが共同で主催する新イベント「Tripping Out」の開催が決定!第一弾は九州3都市をAlfred Beach Sandalと共に回ります!日本各地で音楽とカルチャーを結びつけ、過去には全国100箇所ツアーを敢行したKONCOSと、マイペースながらも全国各地、さらには海外での公演を活発に行うミツメ、東京を中心に活動しながら、各都市でのライブを大切にし続ける点で共鳴しあった2組が、共同で主催する新イベント「Tripping Out」を開催します。2組が愛してやまない都市を回るツアー形式のイベントで、第一弾は九州の3都市、宮崎、鹿児島、福岡を回ります。東京からAlfred Beach Sandalも招き、さらに各都市のバンド、DJも出演します。今回のツアーのビジュアルで使用されている写真はそれぞれのバンドを撮影し続けている山川哲矢とトヤマタクロウによるもの。イベントロゴはKONCOSの古川太一が手がけ、WEBなどのデザインはふたつのバンドに関わりが深い関山雄太が担当。今後イベントのオフィシャルグッズの販売や、各都市の魅力を伝えるための企画も用意しています


■Live: KONCOS, ミツメ, Alfred Beach Sandal, Hearsays, Melotronmelon
■DJ: SHOTA-LOW (ABOUT MUSIC/PLAG), TSUKIJI (PLAG), ISHIMURA (ESCAPE)


MORE INFO


TICKET RESERVATION

RECOMMENDED EVENT: 2017.12.20

erithebass OPEN to LAST

20:00~02:00    ¥1,000

RECOMMENDED EVENT: 2017.12.20

erithebass OPEN to LAST

20:00~02:00    ¥1,000


KiethFlack presents OPEN to LAST#7


20176月にリバイバルした1NIGHT 1DJのマンスリーシリーズ第7段erithebass! ”SCRUBBRUSH””LOWRY'S””Frosch”などのレジデントを始め、県内外ボーダレスなPARTYでの活動を経て今やキースのGIRL'S DJの中ではアイコン的存在に。この夜はSOULROCKHOUSE~日本人アーティストなど彼女なりに捉えた音楽の感覚で軽やかにジャンルをこえて乾杯の進む6HOURSをお送りします!更には全国であの女の子の絵といえばのKYNELIVE PAINT、敬愛するNEXからAK.VJ、アー写も提供している盟友RYOKOもカメラマンとして参加!自らも働く警固の新たなBARスポット”FOOL'S GOLD”FOODを出店!!erithebassが通って来た現場と酒場で出会った皆様へ。繋がりを大事にする”彼女らしさ”全開のダンスフロアへ是非お越し下さい!!


 


■erithebass


2008年よりDJ活動を開始。ROCK・SOUL・HOUSEなどジャンルにとらわれない幅広いDJで県内外、大小問わず様々なパーティで活躍中。膵臓を壊しながらもストローで芋焼酎を呑み続ける、博多きってのドランキンガールズDJ。


 


■Open to last DJ: erithebass
■Live paint: KYNE
■VJ: AK.
■Food: FOOLS GOLD
■Photographer: RYOKO


MORE INFO

RECOMMENDED EVENT: 2017.12.22

"LIBERTARISM vol.18" -Beyond Bobby Tour 2017 FINAL- 2 MAN SHOW!!

19:30~    Adv:2,000 (1drink order), Day:¥2,500 (1drink order)

RECOMMENDED EVENT: 2017.12.22

"LIBERTARISM vol.18" -Beyond Bobby Tour 2017 FINAL- 2 MAN SHOW!!

19:30~    Adv:2,000 (1drink order), Day:¥2,500 (1drink order)



■Band: S.M.N., Jolly Bobby SEX


MORE INFO


TICKET RESERVATION

     ©2014 Kieth Flack      ログイン